17.
泰明画廊
TAIMEI Gallery
梅原龍三郎と彼末宏 展
 
5 月27 日(金) ~ 6 月2 日(木)※5 月27 日(金)は21 時まで
10 時30 分~18 時30 分 土・日・祝日は11 時~ 17 時  
会期中無休

 
 昭和の美術画壇を豪放磊落に牽引してきたのは梅原龍三郎(1888-1986 年)であるが、その魂を引き継ぎ、拡大させていったのは紛れもなく彼末宏(1927-1991 年)であろう。
 彼末は東京藝術大学で梅原教室に在籍し、首席で卒業したのち梅原の直系である久保守について学んだ。双方の作風で共通するのは対象と対峙した時の感動が華やかな色彩に表れている点にある。
 今回の梅原の「霧島」で使われている色彩は全体的に明るく、強さが目立つが、彼末作品はその強さはそのままに色相を限定して自身が好きだという音楽の要素を織り交ぜて絵画として発展させている。当時の洋画壇における課題に実直に対峙し、独自の答えを導き出しているのである。
スクリーンショット 2022-03-20 084449.png
東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリックG7 ビル1F
tel:03-3574-7225
mail:info@taimei-g.com
スクリーンショット 2022-03-26 144142.png
2021-04-20 (19).png