加山又造(かやま・またぞう)
 1927年-2004 京都市生まれ

 祖父は京狩野派の絵師、父は西陣織の図案家。京都市立美術学校日本画科を卒業後、東京美術学校日本画科に入学。1949􏍗􏍟􏍚􏍟年(昭和24􏍘􏍚年)卒業後は山本丘人に師事、創造美術展、新制作展、創画会展に発表。シュルレアリスムやキュビスムの感化を見せた作品は早くから注目を集める。その後、大画面に琳派の装飾性を取り入れた斬新な画風に移る。伝統的な装飾性と現代的で斬新な感覚が融合した作品によって高い評価を得る。裸婦像のシリーズや水墨シリーズによってその評価と人気を不動のものとした。また、多摩美術大学にて後進の指導にもあたった。􏍘􏍖􏍖􏍙 2003年(平成􏍗􏍛 15年)
文化勲章受章。
 牡丹は􏍗􏍟􏍝􏍖 1970年代より加山が好んだモチーフ。自宅花壇には色とりどりの牡丹を植えスケッチをしていた。特に花弁が漆黒、墨色に見える特別な品種を気に入ったという。本作はその繊細かつ豪奢な墨牡丹の花を描いた佳品。
山口 薫(やまぐち・かおる)
 􏍗􏍟􏍖􏍝1907-􏍗􏍟􏍜􏍞1968 年 群馬県高崎市生まれ
  
 山口薫は詩魂の画家と呼ばれる。若き日にはドイツロマン派の詩人、ノヴァーリスに憧れ、晩年は西行に我が身を重ねた。「詩がぼくを支えてくれる」と書き残している。豊かな詩情と近代的な造形感覚によって、抽象と具象の境を取り払った作風を示した。その抒情あふれる豊かな絵画世界は、日本的感性の美を感じさせ、今なお高い評価を得る。
 東京美術学校在学中より帝展に入選。渡仏し、色彩感覚を磨き最初はフォーヴィスム風の画風を示した。帰国後、自由美術家協会の結成に参加。この頃より独自の文学的幻想性を滲ませた作品を発表する。戦後はモダンアート協会の創立に参加、洋画界を牽引する画家として注目された。
 「丸い沼と春の雪」は晩年の作品。本作のように、晩年の作品には孤絶感が揺曳し、幻想性や詩情が一層強く表出されるようになる。
松本竣介(まつもと・しゅんすけ)
􏍗􏍟􏍖􏍝1912-􏍗􏍟􏍜􏍞1948 年 東京生まれ

 2歳のときに岩手県花巻市に移住。近くには宮沢賢治が住んでいた。􏍗􏍙 13歳のときに病で聴覚を失う。􏍗􏍟􏍘􏍟1929年(昭和4年)画家を志し上京。太平洋画会研究所で学び、ここで麻生三郎、寺田政明らと交友する。􏍙􏍛 35年、二科展初入選。翌年自宅アトリエを「綜合工房」と名付け、月刊随筆雑誌「雑記帳」を創刊。時局によらないリベラルな視点で編集を担当した。􏍙􏍞年頃より、青色を基調としたリリカルな作品を制作。これは、街と生活する人々をモンタージュ風に組み合わせたものである。古典技法をヒントにした透明感のある深いマチエールが特徴的である。
 その後、戦時下の閉塞した時代を意識した、「画家の像」(􏍗􏍟􏍚􏍗1941年)、「立てる像」(1942年)を発表。戦後は新たな画風を模索すると同時に、美術家が自由に活動できるよう組合結成も計画した。しかし 1948年(昭和􏍘􏍙 23年)、病のため􏍙􏍜 歳で夭折した。
香月泰男(かづき・やすお)
1911􏍗􏍟􏍗􏍗-􏍗􏍟􏍝􏍚1974 年 山口県長門市生まれ

 東京美術学校在学中に国画会展に入選。卒業制作作品が文展に入選、その後、新文展特選、国画会展奨学賞、佐分賞を受賞し、国画会同人となる。􏍗􏍟􏍚􏍙 1943年(昭和18年)応召し満州へ動員され、終戦後は47年までシベリアに抑留された。ここでの過酷な虜囚体験がライフワークとなる「シベリア・シリーズ」を生んだ。
 復員後第􏍘􏍘 22回国画会展に「雨(牛)」を発表。これがその後没年まで続くシベリア・シリーズの第一作となった。戦前期の作品は、理知的な構成と深みのある豊かな色彩により、独自の幻想的な作品を描いた。特に少年をモチーフにした一連の作品は、静謐な詩情を揺曳する佳品として人気がある。戦後は黒色を主調色としたシベリア・シリーズに集中。墨色に近い黒を主調にして、東洋的な情趣に孤絶感を滲ませた画風を展開した。
速水御舟(はやみ・ぎょしゅう)
􏍗􏍞􏍟􏍗1894-􏍗􏍟􏍘􏍟1935年 東京生まれ

 􏍗􏍟􏍖􏍞 1908年(明治􏍚􏍗 41年)松本楓湖に師事。􏍗􏍟􏍗􏍗 1911年、巽画会出品作が宮内庁買い上げとなる。􏍗􏍙 13年(大正2年)京都南禅寺に移住。翌年日本美術院再興に際し帰京し参加、院友に推挙。また、今村紫紅らと赤曜会を結成。第4回院展に出品した「洛北六題」が横山大観、下村観山の激賞を受け同人に推挙される。第5回院展出品の「洛北修学院村」で評価を決定付ける。
 􏍗􏍟􏍗􏍟1919年、市電にひかれ左足を切断。制作再開後は写実を徹底させた「京の舞妓」を第7回院展に出品。その後、写実の深化とともに形態の単純化も進め「京の家・奈良の家」(第􏍗􏍚 14回院展)、「名樹散椿」(第 16回院展)のような名作を生んだ。「炎舞」は重要文化財に指定された速水の代表作のひとつ。写実追及の果てに得た美的象徴の世界が妖しい幻想を生み出している。
藤田嗣治(ふじた・つぐはる)
􏍗􏍞􏍟􏍗1886-􏍗􏍟􏍘􏍟1968年 東京生まれ
 
 東京美術学校西洋画科で黒田清輝に学ぶ。1913年(大正2年)渡仏。モンパルナスにアトリエを構え、モディリアーニ、スーチン、ピカソらと交友。個性を競うエコール・ド・パリにあって、日本画の技法を下地にした西洋画を模索。独特の乳白色の下地に、面相筆による肥痩のない細い輪郭線によって対象を描出する手法を生み出す。􏍗􏍟􏍗􏍟 1919年、サロン・ドートンヌ会員に推され、一躍パリ画壇の寵児となった。
 􏍗􏍟􏍙􏍙 1933年(昭和8年)帰国。帝国芸術院会員となり、従軍画家としても活躍。終戦後は陸軍美術協会理事長としての役割を非難され、􏍗􏍟􏍚􏍟1949年渡仏。􏍛􏍛 55年フランス国籍を得、カトリックの洗礼を受ける。洗礼名レオナール。裸婦や猫などの作品で戦後も高い評価を受けた。晩年はキリスト教関連の主題や子供を描いた作品が多い。
東山魁夷(ひがしやま・かいい)
􏍗􏍞􏍟􏍗1908-􏍗􏍟􏍘􏍟1999年 神奈川県横浜市生まれ
 
 􏍗􏍟􏍘􏍜 1926年(大正􏍗􏍛 15年)東京美術学校日本画科に入学。結城素明に師事。在学中より帝展に入選を繰り返す。􏍙􏍙 33年(昭和8年)同校研究科を修了し、渡欧。ベルリン大学で美術史を学ぶ。帰国後は新文展に出品。ほかに大日美術院、日本画院にも出品した。戦後は日展に出品、常務理事、理事長
に就任。また日本芸術院賞を受賞。深い自然観照による情感豊かな風景画によって高い評価を得る。若き日に接したドイツロマン派の感化も指摘される。􏍗􏍟􏍝􏍛 1975年(昭和􏍛􏍖 50年)、唐招提寺御影堂障壁画第1期作品「山雲」「濤声」を完成させ、さらに􏍞􏍖 年には第2期作品「黄山暁雲」「揚州薫風」「桂林月宵」を完成させる。この間、中国を訪問し同地で取材した作品も多く制作した。􏍜􏍟69年文化勲章受章。
 白馬は東山魁夷が大切にしたモチーフ。静謐な青の風景に描かれた白馬は、画面にロマン主義的情趣をもたらし、象徴性を生んでいる。
甲斐庄楠音(かいのしょう・ただおと)
􏍗􏍞􏍟􏍗1894-􏍗􏍟􏍘􏍟1935年 京都市生まれ
 
 京都市立美術工芸学校の図案科で谷口香嶠(こうきょう)に学ぶ。卒業後、京都市立絵画専門学校に入学。同校研究科卒業。􏍗􏍟􏍗􏍞 1918年(大正7年)第1回国画創作協会展に「横櫛」が入選し話題を集めた。これは妖艶な表情をみせる遊女を描いたもの。はだけた着物や襦袢、背景の屏風に独自の様式美をみせ、蠱惑的な女性の容姿を際立たせており、早熟な才能を物語る作品であった。
 以後、同展に出品を続け、本作「舞ふ」は第4回出品作。夢幻の暗闇に舞う女性の姿は見るものを否応なく非現実の世界に誘う。甲斐庄が得意とする、大正期のデカダンスを濃厚にただよわせる美人画の代表作である。昭和に入ると映画界に転じ、溝口健二のスタッフとして美術考証を担当した。
岸田劉生(きしだ・りゅうせい)
􏍗􏍞􏍟􏍗1891-􏍗􏍟􏍘􏍟1929年 東京生まれ
 
 美術史に名を成し、大家としてのイメージがある岸田劉生。だが彼の生涯は􏍙􏍞 38年間と短い。夭折の画家といっても良いだろう。短い生涯ではあったが、作風を大きく変え、どの時期にでも傑作を残した。ゴッホ、セザンヌの感化を受けた後期印象派風の作品。デューラーなど北方ルネッサンス風の細密描写を追求した作品。中国宋元時代の花鳥画や、日本の初期肉筆浮世絵など「東洋の美」を理想とした作品等々。画風は大きく異なるが、どの作品も劉生の独自性が感じられる。
 劉生は􏍗􏍟􏍗􏍝 1917年(大正6年)から関東大震災に見舞われるまでの6年間を神奈川県の鵠沼に過ごした。この鵠沼時代は劉生芸術の確立から円熟に向かう時代とされる。本作はそのただなかの時期に描かれた。穏やかで平明な風景画ではあるが、写実と装飾の融合、すなわち劉生のいう「内なる美」を意識したものである。
坂本繁二郎(さかもと・はんじろう)
􏍗1882-􏍗􏍟􏍘􏍟1969年 福岡県久留米市生まれ

 青木繁とは久留米の高等小学校時代の同級で、青木の没年まで交友した。􏍗􏍟􏍖􏍘 1902年(明治􏍙􏍛 35年)上京し小山正太郎の不同舎、ついで太平洋画会研究所で学ぶ。􏍗􏍟􏍖􏍝 年第1回文展に入選。第5回文展で3等賞、第6回文展出品作が夏目漱石に高く評価された。大正3年、二科会創立に参加。この頃より温雅な色彩と柔らかな筆致による内省的な画風が展開される。
 􏍗􏍟􏍘􏍗 1921年(大正􏍗􏍖 10年)渡仏、􏍘􏍚 24年帰国。帰国後は、本作「放水路の雲」に見られるように、自然観照をさらに深め精神性の揺曳する独自の作品が生まれる。􏍙􏍗 31年(昭和6年)、久留米に近い八女にアトリエを設け、馬の連作を描いた。戦後、􏍗􏍟􏍚􏍜 1946年、日本芸術院会員に推挙されるが辞退。􏍛􏍚 54年、第5回毎日美術賞、ヴェネチア・ビエンナーレ展に出品。􏍛􏍜 56年文化勲章受章。晩年は能面の連作、また月のシリーズを手がけ、象徴性の高い幽玄の画境を示した。
竹内栖鳳(たけうち・せいほう)
􏍗􏍞􏍟􏍗1864-􏍗􏍟􏍘􏍟1942年 京都市生まれ
  
 最初四条派を学び、􏍗􏍞􏍞􏍙 1883年(明治􏍗􏍜 16年)􏍘􏍖 20歳の若さで京都府画学校に出仕。翌年、内国絵画共進会第2回展で褒状、その他の受賞、入選で新進画家として注目を集めた。􏍗􏍟􏍖􏍖 1900年渡欧、ターナー、コローに感銘し西洋写実を研究し翌年帰国。帰国後は文展審査員、帝室技芸員、帝国美術院会員となり京都画壇の中心人物の一人として活躍する。伝統絵画を基礎にしながら、西洋画法を取り入れ日本画界に清新な刺激をもたらし、東の大観、西の栖鳳を並び称された。三千院襖絵のほか、東本願寺山門天井画、大寝殿障壁画も手がけた。􏍗􏍟􏍙􏍝 1937年(昭和􏍗􏍘 12年)第1回文化勲章受章。栖鳳の画塾からは、上村松園、土田麦僊、小野竹喬、徳岡神泉など数多くの逸材が出ている。
 「大獅子図」は帰国後間もなくの作。効果的な余白の扱いと、西洋的な写実描写が相乗し、存在感のある獅子図となっている。
山口蓬春(やまぐち・ほうしゅん)
􏍗􏍞􏍟􏍗1893-􏍗􏍟􏍘􏍟1971年 北海道松前町生まれ
 􏍗􏍟􏍖􏍙
​ 1903年(明治􏍙􏍜 36年)上京し、白馬会研究所で洋画を学ぶ。􏍗􏍚 14年(大正3年)東京美術学校西洋画科入学。在学中、二科展に入選するが日本画科に移る。同科を首席で卒業、卒業制作買い上げとなる。卒業後は帝展で活躍し、無鑑査。大和絵の伝統スタイルを独自に消化した画風は注目を集めた。
 􏍗􏍟􏍘􏍚 1924年、松岡映丘主宰の新興大和絵会に参加。さらに新時代の日本画を目指し􏍙􏍖 年(昭和5年)福田平八郎、中村岳陵、木村荘八、中川紀元、牧野虎雄らと六潮会(りくちょうかい)を結成。戦後は日展の主要画家の一人として活躍。東洋、西洋美術の融合を目指し、伝統絵画の画法に、フランス近代の造形と色彩を接続させたモダンな日本画を確立させた。􏍗􏍟􏍛􏍞 1958年(昭和􏍙􏍙 33年)日展常務理事に就任し、􏍜􏍛 年文化勲章を受章した。
高橋由一(たかはし・ゆいち)
􏍗􏍞􏍟􏍗1828-􏍗􏍟􏍘􏍟1894年 東京生まれ
 
 高橋由一の最も良く知られた作品である「鮭」。写実絵画を代表する画家の一人である、礒江毅がオマージュするように、現代の画家たちの間でも常に意識される作品である。
 由一の「鮭」は少なくとも3点現存する。本作は山形美術館に寄託されているものである。ほかに、東京藝術大学、笠間日動美術館が所蔵する作品がある。明治初年、油絵はまだ世間に馴染みが薄かった。由一は油絵の一般への普及を目指し、誰もが良く知る吊るした鮭を選んだ。本物そっくりに描くことで、まず西洋由来の油絵の興味を引こうとしたのである。しかし、この作品はただ写真のようにそっくりに描いたものではない。
 「絵事は精神のなす業なり」の信念をもった由一は、対象に肉薄し、その存在そのものを描出した。その迫真の写実が、百数十年を経た現代の画家たちにも尊崇の念を起こさせるのである。
菱田春草(ひしだ・しゅんそう)
􏍗􏍞􏍟􏍗1874-􏍗􏍟􏍘􏍟1911年 長野県飯田市生まれ
  􏍗􏍞􏍟􏍖
 1890年(明治􏍘􏍙 23年)東京美術学校入学、岡倉天心のすすめで川端玉章に円山派を学ぶ。卒業後は京都で古社寺の古画の模写をする。􏍟􏍜 年、母校の絵画科教員となる。絵画共進会で続けて受賞し、下村観山、横山大観とともに岡倉天心門下の俊英として注目される。􏍟􏍞 年、天心、橋本雅邦、大観らとともに東京美術学校を辞職、日本美術院創立に参加。西洋画法の研究をもとに没線描法による作品を発表した。
 􏍗􏍟􏍖􏍚 1904年(明治􏍙􏍝 37年)アメリカ、ヨーロッパを歴訪。7年、第1回文展で二等賞受賞。この頃より眼病に苦しめられる。その後、写実と繊細な装飾性が融合した「落葉」、さらに象徴性をも感じさせる「黒き猫」などの傑作を描いたが、病状が進み􏍗􏍟􏍗􏍗 1911年死去。
「春秋」は亡くなる前年の作。琳派の画風を生かしながら清澄な空気感を漂わせ、春草作品の特徴を表している。
鳥海青児(ちょうかい・せいじ)
􏍗􏍞􏍟􏍗1902-􏍗􏍟􏍘􏍟1972年 神奈川県平塚市生まれ
 
 中学時代より画家を志し、岸田劉生、萬鉄五郎の感化を受ける。􏍗􏍟􏍘􏍚 1924年(大正􏍗􏍙 13年)第2回春陽会展に初入選。以後春陽会展に出品。木村荘八に師事し、三岸好太郎らと交友する。􏍗􏍟􏍙􏍖 1930年(昭和5年)渡欧。帰国後は、西洋由来の油絵具で日本の風土を描く困難に直面しながら、厚塗りのマチエールによって独自の画風を展開した。􏍚􏍙 43年独立美術協会会員となり、以後戦後にかけて同会の中心画家の一人となった。戦中期より初期肉筆浮世絵、仏画、古陶磁など古美術研究、蒐集に熱中する。
 戦後は古美術の研究の成果をヒントに東洋的な抽象形態を模索した。「ピカドール」は鳥海の戦後代表作のひとつ。古代中国の殷の青銅器をヒントにして、馬のフォルムを要約した。東洋的感性を感じさせる作品として高く評価されている。